入れよう2次元コード

シール、ラベルに管理番号を入れておくと非常に便利

「間違ったシール、ラベルを危うく貼ってしまいそうになった。」ということはありませんか?

デザインのまったく違う、シール(ラベル)なら間違えることもないと思います。

でも、記憶装置の容量や電圧、電流等 見た目がほぼ同じだけと中身が違う場合など。間違った表示をしてしまうと大変です。 

そうならないよう、管理番号を2次元コードにしてシール(ラベル)に入れておくと間違えることはなくなります。

スキャナーで読み取って確認することもできます。

 

某、大手の製造メーカーの製造部の方より、品番を人が認識できて尚且つ2次元コードで

照合もしたいという意見をいただき、20枚ごとに管理用のラベルを製品に追加しました。

間違えが無くなってとても良い評価をいただきました。 

  • シール、ラベルに直接入れる。
  • 台紙に入れる。 

ちょっとした工夫でポカよけになります。

2次元コードを入れることならお任せください。

Text: 20/12/16  kato 

記事内容は掲載当時の内容となります。
価格や仕様変更等ある場合がございますので、ご注文時は最新情報をご確認ください。
当記事内容による損害等に関しては一切承りません予めご了承ください。h83101
古い投稿
新しい投稿

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。

閉じる

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索する

カート内に商品がありません。
今すぐ購入